時効の援用をするなら条件を費用をチェックしよう

借金に時効がある!?今すぐ知りたい時効の援用が使えるケースとは

時効の援用をするなら条件を費用をチェックしよう

弁護士

時効の援用が可能になるケース

時効の援用を使うと、借金を減らすことができますが、誰でもできるわけではありません。時効の援用ができるのは、返済していない状態が5年続いていたり、時効の援用を活用する旨を貸主に伝えていたりした場合です。ただ例外もあるため、注意が必要です。

ジャッジガベル

気になる手続き費用

時効の援用の手続きは、時効を成立させるための条件が揃っている場合、債務者に時効の旨を伝えるだけで大丈夫です。方法としては、必要書類を自身で郵送する、もしくは時効の援用に詳しい専門家に相談をするなどの二通りがあります。自分で行なった場合の費用はおよそ1000円ほどですが、専門家に依頼すると、1万円から3万円はします。

時効が成立したか調べる方法

  • 時効に期間と起算点のチェックをする
  • 最終返済日を確認する
  • 裁判を起こされていないかチェックする

広告募集中