顧問税理士が必要な理由とは?会社を立ち上げた人は必見!

税理士の役割は沢山!自分の会社を守るためのサポート

顧問税理士が必要な理由とは?会社を立ち上げた人は必見!

電卓

税理士の主な役割

税金に関わる申告、または申請を本人に代わって行なうのが仕事です。この場合、確定申告がそうでしょう。また、税金に関する相談も税理士が受け付けています。

電卓を持つ人

提供できるサービス

会計指導はもちろん、記帳代行や企業支援も行ないます。また会社を立ち上げた日には資金調達の支援から融資対策、過剰債務による危機を脱出するための事業再生にも協力します。ただ、会社を立ち上げた身として一番怖いのは、経営困難に陥り多額の借金を抱えることです。借金返済ができなければ、自己破産しかありませんが、税理士に相談することでそれを避けることができます。

説明

自己破産になった場合

借金の返済が難しく、また業者からの取り立てがより厳しくなった場合、最終手段として自己破産を選択できます。メリットは、借金がなくなり、新たな気持ちでスタートがきれること、支払いを要求されることがなくなることです。また、生活に必要なお金の保有は、裁判所へ申告することで認められるケースもあります。

自己破産VS個人民事再生はどう違うのか?

自己破産

自己破産は原則として、借金の支払いを逃れる方法なので手続きすれば、返済の必要性がなくなります。また、生活で使う高価な財産は、全て処分対象となります。

個人民事再生

個人民事再生の場合、借金を大幅に減らすことはできても借金が全てなくなるわけではありません。そのため返済は今後も続けることになります。

広告募集中