専門家協力の元相続問題を解決するなら知っておくべきこと

見つかった遺言書は有効?相続前に知りたいチェックポイント

専門家協力の元相続問題を解決するなら知っておくべきこと

弁護士

弁護士に依頼した場合

相続の相談を弁護士にした場合、各種手続きに手数料がかかります。例えば、不動産の名義変更の場合は安くても2~3万円ですが、より複雑化する場合は20万円近くします。さらに戸籍収集、裁判の手続き、相続税の申告も10万円はかかると思っていいでしょう。

男性

紛争事例でわかること

相続トラブルは、兄弟姉妹間で起こることもあれば親戚同士で勃発することもあり得ます。一人が提案しても、相手が同意しなければ、話し合いはよりゴタゴタします。大阪や埼玉にお住まいの場合はその地域で活躍する法に詳しい弁護士へ間に入ってもらい、分割協議するのが適切です。

ジャッジガベル

相続前に確認すること

遺言書が残っていないか、また自分の知らない相続人はいないかどうかも相続前に要チェックです。また、公平に分割するためにも、遺産がどれだけあるかも見ておかなければなりません。ちなみに相続遺産の対象は家や土地、銀行預金、株、自動車などです。

無効になる遺言書

  • 日付が書かれていない
  • 修正・加筆の修正が正しく行われていない
  • パソコンで作成されている
  • 不明確な内容

広告募集中