前を向く

平穏な生活を送ることは一番理想かもしれません。しかし、借金をして自己破産を考えなければならない場合や夫婦上手くいかずに離婚を考える場合もあるでしょう。自己破産をした人は周りに少ないかもしれませんが、大阪では離婚をする人は多くなっています。離婚の原因で最も多い浮気や暴力。再起不能となった場合、多くは離婚を決意します。しかしただ単に離婚するだけでなく、慰謝料請求という道があることを忘れてはいけません。

慰謝料請求ができるケース

  • 不倫・浮気をした
  • 暴力行為があった
  • 悪意のある遺棄があった

離婚時に慰謝料請求をするなら高い方がいい!そのための条件とは?

弁護士

慰謝料請求の金額相場

不倫や浮気の場合は、100万円から500万円が最も多いようです。また身体的暴力やモラハラは100万円以下、または200万円を要求できます。ちなみに悪意のある遺棄も身体的暴力と同じぐらいの金額です。

天秤

慰謝料の金額が高くなるケース

婚姻期間が長ければ長いほど、慰謝料が高額になります。また相手の年収が高い場合も、その傾向があるでしょう。養育が必要な子供が多い場合も、より高い金額を提示できます。

ジャッジガベル

浮気の場合は証拠を掴むことが大事

不倫や浮気が原因の離婚なら、物的証拠を集めることが高額の慰謝料を獲得するチャンスとなります。特に配偶者と浮気相手がホテルに入る画像や写真、同室で寝ていたという証拠写真、浮気を疑うメールのやり取りなどは希望額を請求する際に役立ちます。

電卓を持つ人

話がまとまらない場合

慰謝料請求をする流れとしてはまず、配偶者と話し合いを行ない、慰謝料請求の意思を伝えることが大事です。ただ、お互いヒートアップしている状態なので、話がまとまらないこともあります。この場合は、離婚問題に詳しい弁護士が間に入ることで、早期解決が望めます。

[PR]
離婚の慰謝料について掲載中!
プロがあなたの強い味方になる★

頼れる弁護士の探し方

レディ

話しやすい人を選定する

離婚や慰謝料請求の相談を気軽にできる弁護士かどうかがポイントです。というのも、離婚問題は弁護士とのコミュニケーションが重要なので同じ質問をすると嫌な顔をしたり説明の仕方が雑だったり弁護士は相談相手に相応しいとはいえません。相談をした時にこの辺を観察すれば、弁護士選びに失敗しないでしょう。

デメリットの話しができる

相談者を安心させるために、弁護士の多くは不利になる説明をあまりしません。相談者によってはいいですが、逆に考えると、不利な点を教えていなかったために十分な対策ができなかったなんてことになります。絶対に勝てると調子のいいことばかり言う弁護士はあまり近づかない方がいいでしょう。

対応の早さにも目を光らせる

凄腕の弁護士は、抱える案件の量も半端なく多いため、反応が遅い場合もあります。しかし、相談者は早急に問題を解決したいので、いくら待っても返答がない場合は考えものでしょう。

変なところでこだわらない

慰謝料請求に関する相談をする方のほとんどは女性なので、相談相手も同性にこだわる節があります。悪いことではありませんが、男性の方がむしろ、相手の気持ちを理解してくれるので、同性へ相談するよりプラスになることが多々あります。

離婚に関する分野に強い

人柄がよく、相談者を一番に考える弁護士はとても魅力的ですが、最終的には、離婚問題に力を注いでいるかがポイントです。さらに、慰謝料請求の案件を数多く経験してきたかも大事でしょう。

[PR]
埼玉の弁護士に相談しませんか?
困りごとは電話で相談!

[PR]
全国の税理士をサクサク検索!
税金の悩みをスピード解決☆

[PR]
離婚相談サービスを無料で実施中
夫婦間のトラブルを迅速解決☆

広告募集中